2021.03.25

真中満のパ優勝予想はズバリ楽天。根拠は田中将大ら投手陣だけではない

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Kazuhiro Igarashi, Kyodo News

ーー確かに、質量ともに大充実していますね。

真中
 そして、クローザーに松井裕樹が固定できれば、ブセニッツも含めて、後ろからの逆算ができる。前は実力派先発投手陣が長いイニングを投げて、後ろは実績あるクローザー陣がそろっている。これは文句なく12球団有数の投手陣ですよね。強いて不安を挙げるとすればキャッチャーかな。足立(祐一)と太田(光)がどちらも決め手にやや欠ける。

ーー捕手陣に対する不安は、ペナントレースの行方に大きく影響しますか?

真中
 そんなに大きな影響はないんじゃないかな(笑)。キャッチャーがピッチャーを引っ張るんじゃなくて、実力のあるベテランピッチャーがキャッチャーを育てたっていいわけだから。今年の楽天は、豪華投手陣がキャッチャーを育てる1年になるのかもしれないですね。

ーーかつて、ダイエー時代の工藤公康投手が、若手だった城島健司捕手を育てたり、横浜の佐々木主浩投手が、谷繁元信捕手を育てたような実例もありますからね。

真中
 ピッチャーが打たれると「キャッチャーが悪い」と言われがちだけど、田中、岸、則本、涌井が打たれても「キャッチャーのせいだ」とは言われないよね(笑)。彼らの場合、サインに納得できなかったら、堂々と首を振ると思うんです。だから、キャッチャー陣も腰を据えて割り切って、マスクをかぶればいいんです。それが経験となって、今季だけでなく、来季以降にいい影響を及ぼすことになるんだから。それぐらい、いいピッチャーがそろっているというのは大きいことなんですよ。