2021.03.25

真中満のパ優勝予想はズバリ楽天。根拠は田中将大ら投手陣だけではない

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Kazuhiro Igarashi, Kyodo News

ーーヤクルト、西武に在籍していた頃、そしてメジャー時代を振り返ってみても、キャプテンシーというか、リーダーシップのようなものはあまり感じられない印象があります。

真中
 確かにみんなをグイグイ引っ張っていくようなタイプではなかったよね。いわゆるキャプテンタイプではなく、黙々と自分のことをやるタイプでした。でも、僕はそれでいいと思うんですよ。「キャプテン=先頭に立ってみんなを引っ張る」という図式はもう必要ないんじゃないのかな? ときには、積極的にチームを鼓舞するような人って煙たいときもあるし(笑)。選手たちも各自プロなんだから、石井カズのような監督がいてもいいと思うんです。

ーー真中さんがヤクルトの監督だった頃、あえて「キャプテン不在」でしたよね。

真中 
あえてキャプテンという役職を作らなくても、組織の中では自然と中心人物は生まれてくると考えたからです。カズの場合は昨年までGMをやっていたので、選手の個性や特徴をしっかりとつかんでいると思います。一応「監督1年目」ではあるけれど、実質的には、もう数年も選手たちを見ているイメージでいいんだと思いますよ。

【豪華先発投手陣が若手キャッチャーを育てる】

ーー楽天をパ・リーグ1位にした根拠はやはり、他球団もうらやむような豪華先発陣でしょうか?

真中
 そうですね。田中(将大)、岸(孝之)、則本(昂大)、涌井(秀章)と先発4枚、何の迷いもなく出てきますからね。彼らは故障さえなければ、年間を通じて確実にローテーションを守ってくれますよ。それに、石井監督のコメントを聞いていると、ルーキーの早川(隆久)もローテーション入りしそうだし、5番手、6番手候補として、塩見(貴洋)、辛島(航)、石橋(良太)あたりの名前も挙がってくるのかな?