2021.03.19

ロッテ佐々木朗希が1軍で投げられる条件。井口資仁監督が明かす優勝への手応え

  • 永田遼太郎●文 text by Ryotaro Nagata
  • photo by Sankei Visual

── 次に、若手の中では‶長男的″存在の平沢大河選手についてお聞きします。近年はケガで思うような結果が出せなかったと思うのですが、今春のオープン戦ではホームランを打つなど、アピールできているようにも思います。

「(ケガも癒えて)ようやく試合に出られるところまできましたね。打撃に関しては元々、選球眼がいいバッターですが、昨年はファームで試合に出ていたものの、なかなか結果に結びつかなかった。打率も1割5分くらいですかね。本人も『これじゃいけない』と思っているはずですし、キャンプから積極的に取り組んでいる姿は見ています。これまでに一軍でヒットを打ったりしていますが、現状はポジションを奪い獲らなきゃいけない立場の選手ですから」

── 平沢選手のここがもっと変わってきたらというポイントがあったら教えてください。

「1年目は外野にも挑戦したり、スローイングで悩んだりする時期もありましたけど、守備はようやく安定してきました。あとは、バッティングですね。やっぱり打たなきゃ、試合には出られません。ライバルに小川(龍成)も入ってきましたし、競争は激しいです」

── 新人の小川選手の名前が出ましたが、それこそ監督が目指す「当たり前のことを当たり前にできる総合力の高い選手」という印象を受けます。

「ゲーム勘がある選手なので、試合になればなるほど力を発揮しますし、『しっかり周りを見られているな』と感じる選手です。打球に対しての入り方も色々な形を持っていますし、攻撃面も含めて、試合の中で"こなしていける"選手だなと。本人は『打撃にあまり自信がない』と言っていますが、しっかりと打てていますし、速球に対しても押さえつけて打てる選手なので、『もっと使ってみたいな』と思える選手ではありますね。このままうまくいけば、レギュラーを獲れるんじゃないかと思わせる選手です」