2021.03.15

立浪和義が選ぶ「現役最強セカンド」。次世代スター候補2名の名も挙げた

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

――パ・リーグの若手の選手はいかがでしょうか。

「ソフトバンクの周東(佑京)選手がよかったですね。昨シーズンはショートや外野なども守っているので『これから』の選手ですが、守備面でも脚力が光っています。放送席から見ていても、『抜けた』と思った打球に追いついてしまうことが多かったですし、とても大きな魅力です。

 今後に向上させていくべきなのは、守備の確実性。特にスローイングでは不安を感じます。昨シーズンも、試合の結果を左右するミスがあり、それで自信をなくしてしまった部分もあるのかもしれません。ボールを捕ることに関しては練習するほど上達していくのに対し、スローイングの良し悪しは才能によるところもあるので苦労するかもしれませんが......。それを克服できれば、バッティングもよくなってきているので、さらにすばらしい選手になると思いますよ」

──まだ出場機会が少ない若手の選手で、目についた選手はいますか?

「昨シーズンは主にショートで起用されていましたけど、阪神3年目の小幡(竜平)選手は楽しみな選手です。まだ線は細いものの、守備のセンス、バッティングでも非凡なものを持っている。このままショートで育てていくとは思いますが、球団の顔になるような選手になってほしいですね」

関連記事