2021.03.13

佐々木朗希の実戦初登板で元チームメイトが感じた伸びしろ「余力がある」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Sankei Visual

── 鳴り物入りで入団し、特別な環境に置かれていることを佐々木投手がどう受け止めて、結果につなげていくのか。特別待遇というのは、プレッシャーがかかりますよね。

「そうだと思います。個人的には、ずっと一軍にいるより、ファームでやったほうがいいのではと思う部分はあります。とくにロッテは、環境面で一軍と二軍の差があるので、ファームを経験することで『ずっとここにはいたくない』という気持ちが芽生えてくるはずです。それに、普通の選手なら教育リーグから始まりますので、プロ初登板をZOZOマリンで投げることは異例中の異例です。あの場で投げたいと思っている二軍の投手はたくさんいるはずで、佐々木くんにはいい意味でそれをプレッシャーとして受け止めてほしいですね。

 今は体づくりとしてステップアップの段階だと思いますが、2、3年先を見据え、しっかりアピールする気持ちを持ってやってほしいですね。今回の中日戦を見て、あらためて佐々木くんのポテンシャルの高さは再認識しました。だからこそ、もっともっとすごい佐々木朗希を見せてほしいと思います」

関連記事