2021.02.17

人的補償のリアルに「これがプロ野球か」。
田中俊太がDeNAで求められる役割

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Jiji photo

 巨人からプロテクト選手のリストが届き、短期間で返事をしたという経緯を鑑みれば、DeNAが田中に寄せる期待の大きさがわかる。そしてDeNAの二遊間は手薄だという意見があるが、大和をはじめ柴田竜拓、倉本寿彦、伊藤裕季也、ルーキーの牧秀悟など魅力的な選手が多く、競争は激しい。

 田中はセカンドを中心に、サード、ファースト、さらに外野もこなすなどユーティリティプレーヤーとして実績があり、おそらく上記した内野手のなかでは一番の俊足の持ち主だ。多様な才能を武器に定位置奪取を狙う。

「ショートに関してはプロに入ってからやったことはないのですが、準備はしたいと思います。試合に出られるならどこでもやるつもりですし、しっかりとアピールしていきたいですね」

 プロ3年間の通算打率は.239だが、出塁率は3割を超えている。ボールの見極めがよく、足もある田中は、チームにとってジョーカー的な存在になる可能性を秘めている。

「長打を打つタイプではないので、確率のいい、状況に応じたバッティングをしていきたい。できる限り、たくさんのヒットを打ちたいと思います。とはいえ、出塁することを求められると思うので、ただ打つだけじゃなく、いろんなことで貢献できるようにしっかり考えていきたいです」

 明朗な言葉と自分の立ち位置への理解。三浦大輔新監督のもと、田中はどのようなプレーで魅了してくれるのだろうか。

関連記事