2021.01.28

大杉勝男は若松勉に対し「一歩引いていた」。八重樫幸雄が明かす2人の関係

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

【仲がよかった若松と大杉】

――大杉さんがヤクルトに移籍した1975(昭和50)年にはすでに、チームの正統なスター選手として若松勉さんが在籍していました。年齢もキャリアも大杉さんのほうが上でしたが、"いちファン"から見ると、この両雄はすごく円満な関係のように見えました。実際はどうだったんですか?

八重樫 大杉さんは完全に自分の立ち位置を理解して、自ら一歩引いていたよ。若松さんも「オレが、オレが」と前に出るような性格じゃなかったし、大杉さんからも「若松を抑えて、自分がトップになろう」という思いは微塵も感じなかった。大杉さんは若松さんみたいなタイプが好きなんです。だから、若松さんを立てるような感じはありましたね。

――若松さんが我を押し通すようなタイプだったら、2人は衝突していましたかね?

八重樫 たぶん衝突したんじゃないですか。でも、若松さんは決してそういうタイプじゃなかった。むしろ、大矢(明彦)さんのほうが自分の意見を通すタイプだったから、大杉さんも多少やりにくいところがあったかもしれないね。若松さんとは、グラウンド外でも2人で話しているのをよく見かけたから、仲はよかったですよ。

――どういう話をしていたんですか?

八重樫 打撃の技術論もあったと思うけど、たぶんチーム状況とか、選手たちの不満の状況とかだったと思いますね。大杉さんから若松さんに対して、「今こそ、ワカがひと言みんなに言うべきじゃないか?」なんて感じで、よくロッカールームで話していたのを覚えています。

――大杉さんはヤクルト移籍後、すぐにチームになじめたんですか?

八重樫 はっきり「なじめた」と言えるのかはわからないけど、常に「チームのために」と考えている人でした。あの頃、伊勢(孝夫)さんもチームメイトだったけど、伊勢さんが何か不満そうにしていても、「伊勢、我慢しろ」とか、「もういいだろう」とか、たしなめていたから。あの2人は同学年だったし、ともにパ・リーグ出身だったからね。