2021.01.26

立浪和義が弱点をズバリ指摘。村上、清宮、安田、根尾ら左打者を診断

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

──次に、安田選手についてお願いします。

「井口(資仁)監督が、チームが優勝争いをする中で、シーズン終盤までよく我慢して起用しましたね。安田選手の場合は、間合いの取り方に苦労している印象があります。シーズン中はヒッチ(テイクバック時に手を上下動する予備動作)をしたり、工夫をしていましたけど。

 スイングスピードは申し分ないのに、昨年の打率が.221なのは、何かしらの原因があるということ。私から見たその"何かしら"が、先ほど言った間合いです。ヒッチするのもいいんですが、もう少し早くトップを作って、ボールを待つ時間を確保したらいいのにな、といつも思います。打者で大事なことは、速いボールを狙って待っていた時に、確実に仕留められること。それができてきたら、自然に変化球にも対応できるようになると思います」

──清宮選手についてはいかがですか?

「清宮選手は、構えの時点でバットを遊ばせているのが気になります。ドシッと構えたところからテイクバックして、ボールを待てるようになったらもっとよくなると思います。また、ステップした右足が、少し伸びてしまっているのも気になります。彼は上半身の使い方がすばらしいので、下半身をうまく使うことによって、その力をスイングに反映できたらもっと打てるはずです。

 もともと持っている才能はピカイチ。インパクトからのフォロースルーは文句ないですし、しっかり捉えた打球は美しい弧を描きます。足を広げて重心を低くして、バットを振っては戻す、という基礎的な練習を繰り返していってほしい。ピッチャーは打者のタイミングを外そうとしてくるわけですから、それに左右されない"待ちの形"を固めてほしいです。日本ハムには、それに長けていた小笠原(道大)ヘッドコーチもいるので、いいヒントをもらって実践してもらいたいです」