2020.12.24

大打者・落合博満の攻略方法。八重樫幸雄「荒れ球投手が苦手だった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――サインを出している八重樫さんに対して、嫌がるそぶりを見せるんですか?

八重樫 それはないね。オレにそんなことをやったら、大変なことになるよ(笑)。落合は秋田の人間で、僕が仙台。ああ見えて、落合は先輩後輩の上下関係を大切にする人間なので、僕のことは「先輩」として立ててくれていたんです。僕も、彼のことは同じ「東北人」として見ていたな。年下の秦(真司)が徹底的に内角攻めのサインを出していたら、露骨ににらまれたりしていたけど(笑)。でも、僕に対してはそんなことはなかったね。

【上半身はリラックス、下半身はパワー全開】

――ヤクルト投手陣は落合さんに対して、どのようにインコースを攻めたんですか?

八重樫 (荒木)大輔はシュートピッチャーだったから、大輔はイヤだったんじゃないかな。たまに抜けるボールもあるから、デッドボールの怖さもあったしね。シュートを意識させて、大きなカーブで打ち取る。このパターンが多かったよ。

 逆に尾花(高夫)のようにコントロールがいいピッチャーだと、いくらシュートを投げてもフォームが崩れなかった。落合は完全な"荒れ球投手"が苦手だったよ。落合の場合はインコース攻めで少しずつフォームが崩れてくると、「やられた」と思ったボールがファールになったりするので、そうなるとチャンスなんだよね。

――落合さんと個人的に話すようなことはあったんですか?

八重樫 現役時代はなかったけど、お互いに現役を引退してからは会話をするようになったかな? 僕がヤクルトのコーチで彼が評論家だった頃は、よくグラウンドで話しました。面白いのは、彼はいつもひとりで行動していたから、人が多い時には寄ってこない。でも、僕が選手とマンツーマンで練習している時には、気づいたら後ろにいて「八重樫さん......」って話しかけてくる(笑)。