2020.12.10

奥川との星稜バッテリーは実現するか。
ヤクルト3位・内山壮真が語った本音

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sankei Visual

 高校に入学すると、練習試合や公式戦で対戦した選手がプロの世界に進み、内山にとってなにより大きかったのは奥川恭伸(現・ヤクルト)や山瀬慎之助(現・巨人)といった身近な先輩がドラフトで指名され、プロの世界が決して遠い世界ではないと感じるようになったことだ。

 とくに山瀬の存在は大きかった。

「キャプテンとして誰にでも強く言えるし、練習に取り組む姿勢が真面目で、自分ももっとやらないといけないと思いました」

 自粛期間中は地元・富山に戻り、プロを見据えて木製バットでのスイングを日課とし、体づくりに励んだ。

 現在も後輩たちに混じって連日グラウンドに顔を出し、捕手と遊撃手の両方のメニューをこなしている。それでも内山は「8割はショートです」と、ショートの動きを入念にチェックしていた。

奥川恭伸のオバケまっすぐにブルペン捕手も驚愕>>

 先輩の山瀬からは、ヤクルト入りが決まり祝福のメッセージが来たそうだが、「前々から『巨人には来ないで』って言われていたんです」と笑う。その山瀬は高校時代、内山についてこう語っていた。

「自分よりもリードがうまいし、どんな状況でも冷静」

 林和成監督も内山について、こう高く評価する。

「内山は飲み込みが早く、何でもすぐにこなせます。キャッチングやスローイングの正確さについては、何も言うことがないです。肩の強さは山瀬には及ばないですが、それ以外の要素は内山のほうが上です。たしかに、今年は捕手として場数は踏めなかったですが、プロに入れば捕手でもやっていけるのではないかと思います」

 内山にプロ入り後の目標について聞くと、こんな答えが返ってきた。

「40歳まで現役でプレーすること。ただやるだけでなく、レギュラーとして......です。スイングの強さも常に意識しているので、しっかり振り抜くバッティングは貫きたい。体が小さいからホームランが打てないと思われるのは面白くないので、長打が打てるところもアピールしていきたいです」

 捕手としてプレーするならば、目標する先輩・山瀬との対決も見ものだし、なにより奥川との"星稜バッテリー"は大きな話題になるだろう。いずれにしても、プロの世界で内山がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみでならない。

関連記事