2020.12.02

無名でも実力ある選手を獲りにいく。
「根本陸夫の右腕」が貫いた信念

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Sankei Visual

 順調に始動したつもりの浦田だったが、71年のドラフトは無残な結果に終わる。1位指名の吉田好伸(投手/丸善石油下津)、2位指名の柳俊之(投手/電電北海道)、3位指名の永尾泰憲(内野手/いすゞ自動車)と、上位3人が揃って入団拒否となったのだ。

「八百長問題の影響もあったと思います。ただ、僕が担当した1位指名の選手については、調査不足がいちばんの原因でした。その選手が小児麻痺で股関節を痛めていたこと、股関節を治してくれた医者が最後までプロ入りに反対していたことを、僕は知らなかったんです」

 入団拒否した吉田は、69年ドラフトでもロッテに7位指名されながら断っている(和歌山工高時代)。その理由を浦田は調べ上げていなかった。医者がプロ野球界をよく知らず、「プロの練習で股関節を無理に広げられたら再発する」と吉田に助言していたことも知らずにいた。

「それからはもう、調査不足だったのが頭にこびりつけておいて、絶対、不足がないように。この選手を獲りたいと思ったら、徹底的に調査しました。だから僕はその後、担当した選手を獲り逃したことが一度もなかった。後々、根本さんが僕を信頼してくれたのは、それがあったんだと思います」

 失敗の経験が「根本陸夫の右腕」を誕生させる契機となった。ただ浦田はこの年、ドラフト外で加藤初を担当して獲得している。浦田も在籍した大昭和製紙のエースで、ドラフト1位候補だったが、同社のチーム事情によってどの球団も指名を回避するしかなかった。だが加藤本人にはプロ入りへの強い意志があることを浦田が確認し、両親を説得して契約となった。

「加藤は獲れたけど、ドラフトには失敗したわけです。僕は球団社長に辞表を出しました。そしたらすぐ呼ばれて。『おまえ、これ、辞表じゃないか』と社長が言ったと思ったら、『ここで破るぞ』って目の前でビャッと封筒を破った。『1位で指名しようとした選手が入ったんだから、辞表なんか出す必要ないし、絶対、受け取らない』と言われて残ったんです」