2020.11.25

森VS野村、投手交代の心理戦。史上最高の日本シリーズは「不動」が策だった

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「勝負の鬼」と称され、チームの勝利のためには非情に徹していた森が、「個人的な戦いだった」と言い切った。それほどまでに、森の中では野村の存在は大きかったのだ。

「あの2年間は、それまでに経験したことのないシリーズでした。表面的に見れば、1992年は西武が4勝3敗、1993年はヤクルトが4勝3敗で、それぞれ一度ずつ日本一になっている。でも、その内容たるや、一歩間違えればどっちに転ぶかわからない場面の連続でした。相手がこんな手を打ってくる。だから、こちらは我慢する。次にこちらが手を打つ。しかし、相手は誘いに乗ってこない。そういう場面がいっぱいあったし、久々に『チームの戦い』だけでなく、『監督同士の戦い』というのを感じたシリーズでした」

 その言葉には何の迷いもなかった。

【森にとって忘れられない「思い出の場面」】

「あの2年間で忘れられない場面は?」と尋ねると、森はためらいなく「1992年の最終戦ですね」と言った。3勝3敗で迎えた第7戦。西武は石井丈裕、ヤクルトは岡林洋一が先発していた。石井は中4日、岡林は中3日。共にこのシリーズ絶好調のエースの投げ合いで、息詰まる投手戦となった。

西武を8回のリーグ優勝、6回の日本一に導いた森氏 photo by Hasegawa Shoichi西武を8回のリーグ優勝、6回の日本一に導いた森氏 photo by Hasegawa Shoichi  この試合の最大のポイントは、ヤクルトが1-0でリードして迎えた7回表に訪れた。同点に追いつきたい西武の攻撃は2死一、二塁。打者は投手の石井だった。

野村は思う。
(石井に代打を送ってくれ......)
森は思う。
(石井に代打は送れない......)

 野村にとって、石井が降板しさえすれば代打は誰でもよかった。しかし、森は動かない。森にとって、ここはどうしても同点に追いつきたい場面だった。そのためには代打を送るしかない。

同時に、森は思う。
(岡林を代えてくれ......)
野村は思う。
(岡林は絶対に代えられない......)