2020.11.09

「現役最強ショート」は誰か。守備の名手・井端弘和がそのすごさも語る

  • photo by Kyodo News

――パ・リーグで源田選手に対抗できそうな選手はいませんか?

「ソフトバンクの今宮(健太)などでしょうが、ケガの影響で出場試合数を減らしていますし......。個人的にはオリックスの安達(了一)も好きな選手なんですけどね。坂本までいくと体が大きすぎる(身長186cm)感じがするんですけど、安達は身長180cmくらいで『中距離ヒッター』っぽい選手。源田も同じくらい身長はあるけど、ちょっと体の線が細い。

 昔の松井稼頭央のようにパワーと動きのバランスがいいというか、単純に僕が理想としていた体形というだけかもしれませんけど(笑)。現在の能力と結果、特に守備に関しては、源田が両リーグの中でもズバ抜けています」

――坂本選手と源田選手、「現役の最強ショート」はどちらになるでしょうか。

「守備だけなら源田ですが、打撃を含めた総合評価なら坂本です。守備が成長しましたし、やはり首位打者のタイトルも獲っていて長打力もある打撃力はすばらしい。坂本じゃないとファンの方たちも納得しないんじゃないですか(笑)。源田はこれからの打撃向上に期待ですね。また、何年か後にふたりを超えるようなショートが出てくることも楽しみにしています」

■「アライバ」初の共著!
『アライバの鉄則 史上最高コンビの守備・攻撃論&プレー実践法・野球道・珠玉の対談 (マスターズメソッド シリーズ)』(廣済堂出版)

詳しくはこちら>>

関連記事