2020.10.25

巨人の若手抜擢が成功する理由。
阿部慎之助と二軍の環境をOBが語る

  • 佐々木亨●取材・文 text by Sasaki Toru
  • photo by Sankei Visual

――ちなみに、村田さんが楽しみにしている若手選手はいますか?

村田 今、二軍には山瀬慎之助という捕手がいます。技術的にはまだまだ未熟ですが、数年後にすごい捕手になっている可能性は十分にある素材だと思います。今は打撃面での未熟さが目立ちますが、たとえば二軍で打率3割、ホームラン10本という成績を残すようなバッターになったら、本当に楽しみ。そこは二軍監督の腕の見せどころではないでしょうか。

――阿部二軍監督が求める野球というのも興味深いものがあります。

村田 捕手出身ですから、バッテリーの重要性は身を持って知っていると思います。私がコーチ時代に慎之助に言い続けてきたことは、強い巨人軍というのはいいバッテリーがいて勝つということでした。そういう野球をこれまでの巨人軍はしてきましたし、慎之助自身もよくわかっていると思います。彼が求めていく野球は、そういうものがベースになっていくのではないでしょうか。

 慎之助は捕手の目線を持ち、打つ技術に関しても多くの引き出しを持っている。捕手で一流、打者で一流。そんな数少ない選手だった慎之助が、どういう選手を育て、どういうチームを作っていくのか。どんな選手を起用し、どんな作戦が好きなのか。じっと我慢する監督になるのか、ガンガン動く監督になるのか。多くの観点からも、彼の求めていく野球というのは楽しみですね。

 周りの声に納得したらそれに対応すればいい。納得できなければ信念を持って突き進めばいい。リーダーたる者、そうあるべきだと思います。ただ今は世間の目などは気にせずに自らの信念を大切に持ち続け、自分の思う野球をやってほしい。純粋にそう願っています。

プロフィール
村田真一(むらた・しんいち)
1963年、兵庫県生まれ。捕手として、滝川高校から巨人に1981年のドラフトで5位指名を受けて入団。1994年には、槙原寛己とのバッテリーで完全試合を達成している。引退後は、巨人で1軍ヘッドコーチや打撃コーチなどを歴任。現在は野球解説者として活躍中。

関連記事