2020.10.25

巨人の若手抜擢が成功する理由。
阿部慎之助と二軍の環境をOBが語る

  • 佐々木亨●取材・文 text by Sasaki Toru
  • photo by Sankei Visual

――阿部二軍監督はまだ1年目ですが、「伝える」という点はどう見ていらっしゃいますか?

村田 今後は、慎之助自身が伝え方や言い回しの引き出しをさらに多く持ちながら、どういう指導者になり、成功していくのか楽しみです。捕手としても打者としても確かな技術を持った選手だったわけですし、それをいかに選手たちに伝え切ることができるか注目していきたいと思っています。

 頭ごなしに厳しく技術を教えるのではなく、いい練習法や指導法を見つけながら選手とともに成長してほしい。もちろん、そういったことも含めて考えていると思いますけどね。その中で強い巨人軍を作ってほしい。彼ならできると思います。

――現在の巨人には、若手が育ち、確かな成果を出す環境が確立されている印象を持ちます。投手では高卒2年目の戸郷翔征や直江大輔、野手でも育成出身の松原聖弥が一軍で活躍。そういう環境をどのように見ていますか。

村田 二軍で求められるのは育成です。選手個々の能力を育て引き出しながら、二軍では一軍の優勝に貢献できる選手を何人作れるかということが求められる。その中で、原辰徳監督は、状態のいい選手をどんどん起用している。それは二軍との連携がうまくいっている証拠であり、同時に二軍の育成が確かなものになっている表れとも言えると思います。

 私がコーチをしていた高橋由伸監督時代も二軍との連携はしっかりとできていましたし、二軍のいい選手を積極的に起用する環境はありましたが、今はさらに充実してきたと思います。二軍でじっくりと鍛えられた選手が一軍で活躍する環境、一軍の主力選手がケガをしても、若手がチャンスをものにする環境が確立されてきたと思います。

■「赤星憲広が「神走塁」の3人を比較」はこちら>>

――そういう環境下での阿部二軍監督の手腕は、今後さらに楽しみですね。

村田 楽しみでしかないですね。2年後、3年後が本当に楽しみ。阿部慎之助という選手は、インコースを打つのが本当にうまかった。そういう中でアウトコースばかりを攻められるんですが、そこでいかに打率を残すかを考え、そのための努力も惜しまなかった。そういう技術も選手に伝え、若い選手たちの技術が上がっていったら、OBの一人としてもうれしいことですよね。