2020.10.19

中日のドラ1は地元の大器か。
攻撃的2番を任せたい候補もふたりいる

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 そして地元・愛知にもうひとり、とんでもない逸材を見つけた。名古屋学院大の外野手・宮本ジョセフ拳(右投右打)だ。こんな選手が隠れていたなんて、あらためて勉強不足を思い知らされた。

 少々タイミングがずれた打球でも、あっという間にフェンスに到達。しかもセンター方向にも大きい打球が打てるのがいい。練習でも試合でもいつも笑顔で、心から野球を楽しんでいる姿がなにより好感を持てる。

 一昨年亡くなったコンゴ人のお父さんの血を受け継いでいるのだろう。走攻守においてのプレーのスピード感がすばらしい。相手が放ったライト前ヒットを猛チャージして捕球し、一塁へ投げるまでのスピードと球の速さ。ベースランニングの際の躍動感......どれをとっても一級品だ。

 今秋のリーグ戦では2試合連続先頭打者ホームラン。これだけの素材でありながら、調査書はわずか2球団だけだという。こういう選手こそ、じっくりプロの世界で育ててもらいたいものだ。

関連記事