2020.10.15

スーパーカートリオ加藤博一との秘話。
八重樫幸雄「2人の時は真面目だった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

――学生時代に接点はあったんですか?

八重樫 いや、全然ない。ヤクルトに昔、永尾泰憲さんっていう選手がいましたよね。彼がヒロカズと同じく佐賀県出身なんですよ。それで、永尾さんとお酒を呑んでいる時に、ヒロカズの話題がよく出たんです。のちに永尾さんはヒロカズと阪神で一緒にプレーしていますよね。

【闘病中のヒロカズとの思い出】

――博一さんとはどんな話をしたんですか?

八重樫 バッティングの話が多かったな。ヒロカズも阪神時代に中西太さんの教えを受けているでしょう。だから、僕も彼も根本のバッティング理論は一緒なんですよ。ただ、細かいところはお互いに違っていた。その点を、「ああでもない、こうでもない」と話したよ。

 僕もヒロカズも、ともにボールをギリギリまで引きつけて打つタイプのバッターだった。スイッチヒッターの彼は左打席に入った時に、後ろ足の左足のところでボールをとらえるイメージだったらしい。でも、僕は後ろ足じゃなく、ヘソの辺りまで引きつけてスイングするイメージだった。そんな話を身振り手振りを交えて話したね。

――この連載でも、たびたび中西さんからの打撃指導の話題が出ましたが、博一さんも「中西門下生」のひとりだったんですね。

八重樫 そう。でも、中西さんは「若松さん(勉)用」「岩村(明憲)用」「八重樫用」など、根本は同じでも選手のタイプに合わせた指導をする。だから、「ヒロカズ用」の指導もあったんだろうね。お互いの意見や気をつけている点を話し合うのが楽しかったんだよ。

――博一さんは引退後、フジテレビの解説者となり、八重樫さんは指導者としてヤクルトに残りました。彼の評論家時代にも交流は続いたんですか?

八重樫 彼がグラウンドに来た時には話はしたけど、彼はバッティング中の選手に勝手に指導をしちゃう。僕も経験があるけど、バッティング練習中に後ろのケージから、あれこれ口出しされるのはすごくイヤなんだよね。それで博一には「ちょっと黙ってろ」って言ったんだよ。そういうことを言ったのは、ヒロカズと田尾(安志)だけかな(笑)。