2020.10.01

歴代最強投手は野茂英雄か鈴木啓示か。
八重樫幸雄が選ぶ近鉄ベストナイン

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――「ありなしコンビ」と称されていた有田さんと梨田さんは、キャッチャーとしてのタイプは全然違うんですか?

八重樫 有田は内角主体の強気なリードが目立ったよね。梨田の場合はオーソドックスで、ピッチャーの特徴を生かしたリードだったかな? 彼の大きな特徴はスローイングなんです。肩を入れた独特な投げ方だったよね。最初から左肩を入れて、半身で構えているんです。あれは梨田特有のもので、彼だからできたもの。少年野球では決してマネしてはいけないものですけどね(笑)。

【大石大二郎、吉田剛の二遊間コンビ】

――続いて、内野陣をお願いします。

八重樫 ファーストは石井浩郎。小川亨さんと迷ったんだけど、個人的に石井のプレースタイルが好きなので彼にします。藤井寺球場のオープン戦で最初に見た時に、「いいバッターだな」って思ったんだよね。「右の和製大砲」でありながら、右投手の対応がすごく上手で、右方向への打球が見事だった。「いてまえ打線」を代表するひとりと言っていいと思うよ。

――では、二遊間は誰でしょう?

八重樫 セカンドは大石大二郎で、ショートは吉田剛かな? 大石は走攻守、満遍なく高いレベルだったからね。僕とはリーグが違ったけど、いつも一生懸命プレーしている印象があるんです。悪く言えば「遊びがない」んだけど、がむしゃらな全力プレーは、見ていて応援したくなる選手でした。

 昔の選手はプレーに余裕があるから表情に変化がなかったけど、今の選手は余裕がない分、表情でごまかしている気がするんですよ。その点、大石のプレースタイルは全力だけど淡々としていてよかったな。