2020.09.01

山本昌が選ぶ侍ジャパン最強メンバー。
絶対に外せない投打の軸は?

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • photo by Koike Yoshihiro

── ショートも代表クラスの選手が多く、選ぶのが難しいと思います。

山本昌 守備だけなら京田陽太(中日)ですが、総合力でいえば坂本勇人(巨人)になるでしょうね。経験も豊富ですし。ショートは守備での貢献も求められるポジションですので、終盤でリードしている場面になれば京田をはじめ、今宮健太(ソフトバンク)、源田壮亮(西武)といった守備力に定評のある選手を起用するのも面白いと思います。

── 外野手3人は誰を選ばれますか。

山本昌 今回のメンバーで、鈴木誠也(広島)を打線の軸にしたいと考えていました。今はどうしても左の好打者が多いのですが、鈴木のように右打者で長打力と技術力を兼ね備えたバッターは希少です。不動の4番として頑張ってもらいたいです。彼の場合は守備もいいし、足もある。絶対に外せない選手です。

── あとふたりは誰になりますか。

山本昌 センターはギータ(柳田悠岐/ソフトバンク)でしょうね。あの活躍をみれば、もはや説明不要でしょう。レフトは近藤健介(日本ハム)と吉田正尚(オリックス)の争いになってくると思います。近藤にはほかの選手が真似できない技術がありますし、吉田のあのフルスイングは魅力です。その日の調子を見ながら使い分けたいですね。

菅野智之に響いた上野由岐子からの金言>>

── 国際大会はDH制が採用されます。

山本昌 一発がある山川穂高(西武)に任せたいですね。打順はクリーンアップというより、下位に置きたい。そのほうが相手は怖いと思います。あとは経験値とチームの精神的支柱として内川を入れておきたい。ここぞという場面での代打として、彼の力は必要になるはずです。

── 続いての質問は、神奈川の「Pisces」さんからです。現代の野球はデータ分析が盛んになっていますが、現役時代にデータを活用したり、有効だなと思ったことはありますか。

山本昌 現役を引退してから5年経ちましたが、その期間、どれだけ変わっているのかはわかりません。ただ、投手というのはスコアラーからもらったデータをもとに、相手チームの状態や調子のいい打者というのはチェックします。そのなかで僕がとくに意識していたのが、初球を振ってくる打者かどうかです。もちろん苦手なコースや球種はある程度把握していましが、基本は捕手に任せていました。