2020.09.01

山本昌が選ぶ侍ジャパン最強メンバー。
絶対に外せない投打の軸は?

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • photo by Koike Yoshihiro

── 野手はどうなりますか。ポジションごとにお聞きしたいと思います。まずはキャッチャーからお願いします。

山本昌 国際試合になると捕手でも打力がある選手がゴロゴロいるので、打線の厚みという意味でも正捕手は森友哉(西武)に期待したいですね。個人的には小林誠司(巨人)も気になる存在です。リードで厳しい指摘を受けることもありますが、僕は彼の配球を評価しています。投手を気持ちよく投げさせることができる捕手で、そのなかで打者の狙いを外したり、すごくバランスのいいキャッチャーだと思います。代表レベルの投手だと、小林のリードはより生きてくるんじゃないかと思います。肩もいいですし、抑え捕手的な存在としてメンバーに入れておきたいですね。

── ファーストはどうでしょうか。

山本昌 村上宗隆(ヤクルト)を起用したいです。メジャーの名だたる打者にも引けをとらないポテンシャルがありますし、あのパワーは魅力的。まだ経験が浅いので外国人特有のムービングボールへの対応に苦労すると思いますが、レギュラーとして使っていきたいですね。

── セカンドはいい選手がたくさんいます。

山本昌 本来であれば山田哲人(ヤクルト)だと思うのですが、現時点だと浅村栄斗(楽天)を推したいですね。勝負強さがあり、しかもパンチ力もある。国際試合の経験もありますし、状況に応じたバッティングもできる。レベルの高い選手が揃っているポジションですが、総合的に見て浅村がいいと思います。

── 次にサードですが、どの選手を選出しますか。

山本昌 バッティングを重視するなら岡本和真(巨人)が筆頭ですが、守備面も考慮して高橋周平(中日)をレギュラーに据えたいです。サードの守備なら12球団ナンバーワンじゃないでしょうか。長打力はそこまであるタイプではないですが、昨年くらいからバットコントロールが非常にうまくなった。とくに変化球打ちは秀逸で、今のバッティングなら初見の投手が相手でも結果を残せると思います。