2020.08.31

山本昌が対戦してみたかった現役打者
「球界を代表するバッターになる」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • photo by Koike Yoshihiro

── 打線のほうはどうですか。

山本昌 シーズン序盤はケガや本調子ではない選手が多かったですが、今後は上がってくると見ています。高橋周平を筆頭に力のある選手が揃っていますから、しっかり打線を組むことができれば、さらに得点力も上がってくると思っています。また、根尾(昂)や石川(昂弥)といった若手も育ってきている。楽しみな若手が本当に多いチームになりました。そういった意味でも、ドラゴンズの未来は明るいです。

── 現在のチームの課題を挙げるとすれば、どのようなところでしょうか。

山本昌 野球を知っている選手がもう少し出てきてほしいなと思っています。強かった時のドラゴンズは野球を深く理解している選手が多く、自分が何をすべきなのかわかっていた。今シーズンのドラゴンズを見て思うのは、たとえば無死一、二塁の場面で送りバントの失敗やゲッツーで点が入らないというケースが目立ちます。そういったところでしっかり進塁打を打てる選手がほしい。あとはもっと足を絡めた野球ができれば、もう少し攻撃の幅が広がると思います。相手チームが嫌がる攻めをもっと意識的にやってほしいですね。

(後編につづく>>)

関連記事