2020.08.27

広島ベストナインを八重樫幸雄が選出。四番はミスター赤ヘルではない!?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

◆えっ!と驚く巨人ベストナイン。あの選手も落選>>

――カープのファーストとなると、60年代は藤井弘さん、70年代は水谷実雄さん、80年代以降で長内孝さん、小早川毅彦さんが浮かびますが、確かに衣笠さんもサードだけでなくファースト起用も多かったですよね。

八重樫 そうなんですよ。それで、サードに江藤智を入れました。新井貴浩もいるんだけど、江藤をぜひ入れたかったんです。彼はファームで苦労しながら、努力でレギュラーを勝ち取った。もともとは、真っ直ぐしか打てなかったバッターなんです。それが努力で変化球を打てるようになって、四番にまで上り詰めた。当時の彼の指導者だった、ヤクルトOBでうちでもコーチを務めていた内田順三さんから、いろいろ聞きました。僕の好きなタイプの選手です。

――内田さんは1970年にヤクルトアトムズ入りですから、八重樫さんと同期にあたるんですよね。では、セカンド、ショートを発表してください。

八重樫 ショートは何の迷いもなく高橋慶彦でしょう。野村謙二郎も長い間レギュラーとしてチームを引っ張ったけど、慶彦は走攻守すべてで華があって、一流でしたから、これは文句ないんじゃないかな?「慶彦の練習量は半端じゃない」って、他球団の僕らの耳にも届いていましたが、努力でスイッチヒッターになった。そういう点も個人的には評価したいポイントです。迷ったのは、セカンドでしたね。

――誰と誰で迷ったんですか?

八重樫 最初に浮かんだのは監督も務めた三村敏之さん、正田耕三辺りなんだけど、近年の菊池涼介も捨てがたいなって思ったんですよ。攻撃面だけで言えば、三村さんに軍配が上がるところだけど、守備面で菊池なのかな? 長年プロ野球を見てきたけど、あの守備範囲の広さは尋常じゃない。それで迷った末に菊池をセカンドに選びました。