2020.08.27

広島ベストナインを八重樫幸雄が選出。四番はミスター赤ヘルではない!?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

――実際に八重樫さんがバッターボックスに入ったときには、どんな「ささやき」があるんですか?

八重樫 打席に入るでしょ。一打席目だと、「八重樫さん、こんばんは」って来るんです。だから、「何が言いたいんだ、お前」って返す。ピンチの場面では、ピッチャーに「さぁ、来い!」と気合いを入れた後、「インコースに行きますよ」ってミットを、僕の体の近くでパンパンって大きく鳴らしてアウトコースに投げてくる。わかっているんだけど、いろいろ考えさせられて迷っちゃうんだよね。こっちが集中しているときに絶妙なタイミングでささやいてくるんです。一度、大杉(勝男)さんが、頭にきて「うるせぇ、コノヤロー」って、バットのグリップエンドで頭を小突いたこともあったけど、それでも達川はめげていなかったよ(笑)。

【ショートは高橋慶彦で決まり。セカンドは現役のあの選手】

――八重樫さんはキャッチャーとして「ささやき戦法」はしなかったんですか?

八重樫 ありますよ。巨人のキヨシ(中畑清)が「絶好調男」と言われて中心選手になっていた頃、「おい、キヨシ!」って呼びかけたんですよ。でも、彼は微動だにしない。打席に入ったら集中力が半端じゃないんです。だから、キヨシにささやくとしたら打席に入る前がいいんだろうけど、僕のキャラじゃないんでそこまではしなかったね。

――では内野陣をお願いします。

八重樫 キヌさん(衣笠祥雄)は外せないですよね。最初はサードにしようと思ったけど、他の選手との兼ね合いで、まずは「ファースト・衣笠さん」が最初に決定しました。