2020.08.13

鷲見玲奈×斉藤和巳のプロ野球対談。
セ・リーグは「巨人包囲網」が必要!?

  • 石塚隆●取材 text by Ishizuka Takashi
  • 猪岐沙矢佳●写真 photo by Inomata Sayaka

鷲見 一方、阪神は開幕当初は調子が悪かったですが、徐々に状態を上げていきました。

斉藤 ボーアやサンズといった外国人選手を中心に打線が機能し出しましたよね。だけど阪神は、昔から外国人頼り、ベテラン頼りだからちょっと厳しいかなと......。

鷲見 ベテランの福留孝介選手、糸井嘉男選手が頑張っています。

斉藤 福留(孝介)は休み休みだけど、糸井は1番とか3番とか打っているでしょ。彼が下位あたりを打つようになるとチームとしては大きい。近本(光司)や大山(悠輔)あたりがしっかりと仕事をして、外国人がプレッシャーをかけたら、相手ピッチャーは相当きついと思う。そこに経験豊富な糸井あたりが控えていると脅威になりますよ。

鷲見 いま名前が挙がった昨シーズン、新人としては大活躍した近本選手に元気がないのが気になります。

斉藤 この世界、そんなに甘くないですよ。プロになって去年はいろんな経験をしたと思うんです。ただ経験というのはすごく大事だけど、経験がプレーの邪魔をすることもあるんです。考えることは以前よりも増えただろうし、ちょっとでも歯車が狂うと、悪い方向へいってしまう。

鷲見 それが2年目のジンクス。

斉藤 その表現が一番わかりやすいですね。経験は必要。けど、そこに向き合うのは決して簡単なことではないんです。若手だけじゃなくて、ベテランになってもそれとの戦いはつづくんですよ。