2020.08.13

八重樫幸雄が選ぶ中日ベストナイン。
即決した星野仙一氏のすごさとは

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

掛布、バースらが揃う阪神ベストナイン。悩んだのは遊撃と外野>>

――中日の捕手と言えば、後に監督も務める谷繁元信さんはいかがですか?

八重樫 僕はキャッチャーとして谷繁の能力はとても高く買っています。「全球団オールタイムベストナイン」を選ぶとしたら、古田敦也と並ぶぐらいの評価をしている。でも、「中日ベストナイン」と言うならば、やっぱり、木俣さんか中尾から選びたいんだよね。谷繁はいいキャッチャーだけど、大洋、横浜の印象が、僕の中では強いんです。

――なるほど、わかります(笑)。では、内野陣を発表してください。

八重樫 内野手はまずはセカンドが高木守道さんで決まり。で、そこからショート、サード、ファーストを決めていく。そんな順番でしたね。セカンドは高木さんで、ショートが立浪和義、サードが宇野勝。そして、ファーストは悩んだんだけど大島康徳かな?

――それぞれの選出理由を教えてください。

八重樫 高木さんのセカンドの守備は絶品でしたよ。「巨人ベストナイン」の篠塚和典もそうだったけど、高木さんも自軍バッテリーのサインを理解していて、配球に応じて守備位置を変えていたんです。だから、守備範囲も広い。「よし、抜けた」と思ったら、高木さんがそこにいる。そんなことが何度もありました。高木さんは絶対に外したくないし、外せないですね。

――では、ショート、サード、ファーストは?

八重樫 ショートの立浪は守備も打撃も、走塁もすべてに優れていました。そして、豪快な打撃が持ち味の宇野は、ショートで選んでもよかったんだけど、守りでは立浪にはかなわない。そういう理由でサード。ファーストは大島が頭に浮かんだんだよね。あれだけチャンスに強くて、ホームランも打てる。バッティングに関しては申し分ないですから。