2020.08.13

八重樫幸雄が選ぶ中日ベストナイン。
即決した星野仙一氏のすごさとは

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

――それは「八重樫に打たれるくらいなら、オレももうダメだ」という意味なんですか?

八重樫 そう(笑)。新聞のコメントで読んだんだけど、「八重樫に打たれたスライダーで、オレは引退を決めた」と書いてあって。その記事には「(笑)」がついていたから、冗談めかして言ったんじゃないのかな? いかにも星野さんらしいよ。

――星野さんにはものすごいスピードボールがあるわけでもないし、大きく曲がる変化球が特徴というわけでもないし、どのようなピッチャーだったんですか?

八重樫 気持ちですよ。あの人は、ユニフォームを着たら力が200%になるんです。どんな打者が来ても、必ず向かっていく。決して引かない。気持ちで抑えるピッチャーでした。球種としてはストレートとスライダー。そしてシュートが小さいのと大きいのと2種類ありましたね。でも、全身を使って闘志むき出しで投げるから、バッターは少し圧倒されちゃうんだよ。だから、監督になったときでも、先発ピッチャーが少しでも弱気なそぶりを見せると許せなかったんでしょう。

【谷繁元信か、木俣達彦か、それとも中尾孝義か?】

――では、キャッチャーは誰でしょう?

八重樫 キャッチャーは木俣(達彦)さんと中尾(孝義)の一騎打ちという感じだったけど、僕は中尾を選びたい。中尾は強肩強打のキャッチャーでしたからね。一方の木俣さんはドラゴンズひと筋でプレーした選手で、打撃でも好成績を残しているけど、キャッチャーとしては「肩が強くない」という印象が強いんです。

――中尾さんのリードとか、投手とのコミュニケーション術などはいかがですか?

八重樫 彼は専修大学、プリンスホテルと経験豊富で入団してきて、プロ2年目にはレギュラーになっているでしょ。あの頃は郭源治、都裕次郎、小松辰雄、鈴木孝政、牛島和彦と、いいピッチャーも揃っていたし、何も問題なかったですよ。