2020.08.12

1977安打で引退のスラッガーが
「あと23」に執着しなかった真相

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki


 東映といえば、巨人で「名将」と呼ばれた水原監督が就任してチームが強化され、リーグ優勝、日本一になったと伝えられる。やはり、実績ある指揮官の方針によって東映の野球は大きく変わった、ということなのか。

「水原さんは勝負師というかな、勝つためにどうしたらいいか、ということがしっかりしてる。そういう人が来て初めて、チームワーク、勝つことに対する執念が出てきた感じでした。で、その上で細かい野球をやる。

 それまではわりかし自由で、大雑把な野球でね。あんまり規制がなかったですね。よそのチームだって、サインはスクイズと送りバントだけだったり。あとは全部、選手任せです。ヒットエンドランをやるにも、何をやるにも、全部、自分たちでやって」

 サインではなくアイコンタクト、目と目の合図で作戦を遂行する話は聞いたことがあった。

「そうそうそう。監督がいちいちサイン出さなくても、選手同士でね。今みたいにひとつひとつをサインプレーでやる、なんてことはあんまりなかった。水原さんが来る前は野球、ベースボールじゃなくて、"野遊び"っていうんですかね。そんな感じのプレーですよ。ただ力でもって勝負するような。でも選手同士、自分たちで決めてやるほうが大人の感覚の野球ですよね」

 にわかに口調が勢いづいていた。水原監督就任前と後、どちらがいい、という話ではない。しかし実際には、毒島さん自身、「大人の感覚の野球」をもっと楽しみたかったようだし、自分たちで決めてやりたいほうだったのだろう。

「そりゃもう、自分の感覚でね。今みたいにスコアラーのデータに頼るんじゃなくて。そのなかでキャッチャーとの駆け引きも面白かったし。自分の感覚ってのは強いですからね、データよりは。だから本当なら、ほかにクリーンアップを打つバッターがちゃんといたら、わたしは2番を打ちたかった。ランナーを置いた状態で、いろんなことできるでしょ?」