2020.08.05

内海哲也「変わったとしたら気持ち」。
西武2年目で感じる崖っぷちの緊張

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sankei Visual

「インコースへ投げたかった見せ球、勝負球の真っすぐが、右、左バッターともに内側へ甘く入って、痛打されることが多かった。バランスよく、しっかり投げ切れたときには打たれてもヒットにはならないんですよ。ゴロもフライも、野手のいるところに飛ぶ。

 でも自分の投げる球に自信が持てていないと、ヒットやホームランになってしまう。精度が足りていないんでしょうね。最後はコースに投げ切れなくて、なんとか打ち損じてくれと願いながら投げていました」

 ジャイアンツから移籍して2年目、内海は今年、38歳になった。通算で6000を超える白星を積み重ねてきた伝統球団で押しも押されもせぬエースだった。2年連続最多勝や日本シリーズMVPを獲得、開幕投手を3度務め、ジャイアンツのユニフォームを着て手にした133の勝ち星は江川卓の135勝に次いで歴代11位にあたる。

 そんな実績のある生え抜きの内海が、FAの人的補償で、ライオンズでプレーするようになったのが昨シーズンからだった。

 若い投手陣の中にあってまだまだ枯れないベテランの味わいを期待されながら、しかし開幕前、内海は古傷の左前腕部に痛みを発症させ、昨シーズンはプロ16年目にして初めての一軍登板ゼロに終わる。

 ほかは元気なのに左前腕だけが痛くて投げられない、しかもこのケガはメスを入れなければ完治することはない――昨オフ、内海は左浅指屈筋(前腕)と腱の修復手術を受ける決断を下した。

「肩の機能が低下してくると肩の前にヒジが出てきてしまって、そこ(腕の前腕)に負担がかかるみたいなんです。ただ、今はもう怖さもなく腕も振れていますし、ケガをする前と変わらない状態になっています。この歳(38歳)になると、いろんなことを年齢のせいにされますけど、ゲームで投げている感じでは、できなくなったと思うことはないんですよね。投げているボールは昔から速かったわけではないですし(笑)、何も変わっていないんじゃないかなぁと思います。

変わったことがあるとしたら、気持ちかな。もうあとがないと思うと、昔よりは緊張するようになりました。ここでしっかり抑えれば、もしかしたら(一軍に)呼ばれるかもしれないという状況になると緊張してきて、思うように投げられなかったりすることは、正直、あります。1勝も遠いけど、一軍が遠い。やっぱり一軍で投げてナンボの世界ですからね」