2020.07.29

真中満「僕にはできない」。ヤクルト高津監督の采配に「すごく攻撃的」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「中継ぎには本当に気を遣っているように感じます。ここまで3連投をほとんど見ませんよね。石山泰稚くらいですかね? 彼はクローザーなので仕方がない面はありますが、他の投手は、上手に休ませながら試合をこなしていますね」

 今季のヤクルトのブルペン陣を見てみると、高津監督が開幕前から抑え投手候補と明言していたスコット・マクガフ(2年目)は当初やや調子が上がらなかった。そこで高津監督はすぐさま清水に8回を任せる決断をした。

「マクガフはピッチングが少し単調になっていましたね。彼にもプライドがありますから、それなりに投げていたら、継続させていたと思います。しかし、結果が出なくなった時に、パッと配置転換をしましたね。思い切りのよい采配でした。清水と梅野雄吾(4年目)の2人で7回、8回を(移籍が多い)外国人投手に頼らずに抑えられるようになったら頼もしいですから、そういう意味で配置転換はいい機会だったかもしれませんね」

 真中氏は、高津監督の野手の起用に関してもその眼力を評価している。

村上宗隆を大打者・門田博光が独自の分析>>

「まずは、キャッチャー古賀優大(4年目)ですかね。経験などを考えるとまだ使いづらいところはあると思います。でも高津さんはずっと見てきたから、思い切って起用できるんでしょう。古賀は一時、二軍に降格しましたが(現在は1軍再昇格)、これは誰もが通る道です。行ったり来たりしながら、一人前になっていくものです。楽しみなキャッチャーだと思いますよ」