2020.07.25

井端弘和が吉川尚輝の足りない点に言及。
巨人新戦力と二塁手争いも語った

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──今後の課題はどこにあるでしょうか。

「バッティングはいいので、あとは守備ですね。今はまだ余裕がないように見えます。しかしそこは、一軍での試合経験が少ないので仕方ない。練習でもノックを数多く受けるなどして、自信がつけば自ずと解決される部分だと思います」

──以前から、井端さんも大きな期待を寄せている吉川選手のここまではどう見ていますか?

「昨シーズンは開幕から調子がよかったところで、腰のケガで離脱してしまったのが残念でした。今シーズンは全120試合のうち100試合くらい1番で出場し、打率3割くらいをキープできたらチームは安泰だと思っていましたが......実力どおりの活躍ができているとは言いがたいです」

──現在は打率.246ですが、物足らないのは打撃でしょうか。

「そうですね。守備の能力は他の選手と比べるとスバ抜けていますから。吉川は打線の下位で起用されることも多くなっていますが、彼はやはり1番で、塁に出て引っ掻き回すことが最大の持ち味。しかし今は、ファーストストライクを見逃して2球目のボールに手を出してしまうなど、打席でいろいろ考えすぎてしまっているように感じます。

 もっと自由に、初球から打ちにいっていいんじゃないかと。ベンチからサインが出たら実行する、くらいのスタンスで。自分から仕掛けていけば自然とカウントも整ってきますし、彼の本来のスタイルを取り戻せるんじゃないかと思います。いずれにせよ、吉川と新戦力の選手たちが切磋琢磨しながら調子を上げていって、レベルの高いセカンドのレギュラー争いをしてもらいたいですね」

■「アライバ」初の共著!
『アライバの鉄則 史上最高コンビの守備・攻撃論&プレー実践法・野球道・珠玉の対談 (マスターズメソッド シリーズ)』(廣済堂出版)

詳しくはこちら>>

関連記事