2020.07.23

西武ベストナインは超豪華。
八重樫幸雄は清原和博の扱いで迷った

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――そう考えると、黄金時代に「AKD砲」と呼ばれた、三番・秋山、四番・清原、五番・デストラーデという布陣はかなり強力でしたね。

八重樫 そうだよね。今回のベストナインでも「指名打者」にデストラーデを入れようと思ったんですよ。でも、さっきも言ったように、そうすると清原が入れられなくなる。ということで、泣く泣くデストラーデは外しました。でも、前回の巨人と比べて、野手に関してはそんなに悩まずに選べた気がしますね。ライオンズの場合は投手が豊富だったので、投手部門が難しかったかな?

――では、あらためて打順を含めた西武の歴代ベストナインを発表してください!

八重樫 さっきも言ったけど、外野のポジションがちょっと納得いっていないんだけど、とりあえず秋山翔吾をライトということにして、こんな感じかな?

1.秋山翔吾(右)
2.平野謙(左)
3.秋山幸二(中)
4.清原和博(指)
5.山川穂高(一)
6.石毛宏典(三)
7.辻発彦(二)
8.伊東勤(捕)
9.松井稼頭央(遊)
P.渡辺久信

――前回の「巨人編」でも感じましたが、こうして並んで見ると、やっぱり西武も強そうですね(笑)。ぜひ、次回も引き続き「球団別歴代ベストナイン」をお願いします。

八重樫 こちらこそ、よろしくお願いします!

関連記事