2020.07.23

西武ベストナインは超豪華。
八重樫幸雄は清原和博の扱いで迷った

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

八重樫さんが選んだヤクルトのベストナイン>>

――じゃあ、そのショートは誰ですか?

八重樫 ショートは松井稼頭央。僕がヤクルトの二軍監督時代に、彼が西武のファームにいたんだけど、守備範囲がとにかく広い。そして、守備にしても打撃にしても、とにかく思い切りがいい。身体能力は高いし、「うまくなりたい」という貪欲な思いが相手チームの監督である僕にもよく伝わってきたんですよ。

 彼の場合、余裕を持ってプレーすることはまったくなくて、常に全力プレー。ああいうタイプの選手は好きなんだよね、個人的に。さっきから、個人的な思いばかりだけど、それでいいの?

――もちろんです! どんどん八重樫さんの個人的な思いを聞かせてください(笑)。後にメジャーリーガーとなる松井さんは、若い頃から「彼は伸びるぞ」という感触はあったんですか?

八重樫 ありましたね。守備だけでも"カネが取れる"選手でしたよ。バッティングはまだ粗削りだったんだけど、必死に練習していたから、「すぐに伸びるだろう」と思っていたよ。

【歴代ベストナインは黄金時代から8名、現役から2名が選出!】

――では続けて、外野手部門をお願いします!

八重樫 3人の名前はすぐに挙がるんだけど、ポジションにはちょっと目をつぶってほしくて(笑)。まず、その3人は秋山幸二、平野謙、そして秋山翔吾だね。

――黄金時代から2人、そして現役からひとりという選出です。それぞれの理由を教えていただけますか?

八重樫 秋山翔吾については、この連載の「スカウト編」でも話したけど、八戸大学時代からバッティングで光るものがあって、プロでは順調に成長したし、ぜひとも入れたい選手なんですよね。で、秋山幸二は三拍子そろったスーパースター。そして平野は、守備はもちろん、走れるし、ああいう小技ができるタイプは、長距離砲が並ぶ打線には絶対に必要な選手ですよ。

――では、注目の打順についてはいかがですか?

八重樫 主軸を任せるならば、三番・秋山、四番・清原、五番・山川の順番かな? 清原は右打ちがうまかったでしょ。打点を稼ぐためには全方向に打てる必要がある。そしてそういうバッターが四番にいるチームは得点力が上がるし、強いと思うんですよ。そういう意味で清原を四番に推したいですね。