2020.07.16

えっ!と驚く巨人ベストナイン。
八重樫幸雄が悩みに悩んであの選手も落選

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――残りのふたりは?

八重樫 V9時代の末次利光さんと、高橋由伸かな? 末次さんはチームバッティングがうまいんです。右バッターが軸を崩さないで逆方向に打つ。いわゆる進塁打の走りが末次さんだったんじゃないかな? 対戦相手として、とてもイヤだった。そして、由伸のバッティングは歴代選手の中でも有数の技術の持ち主ですよ。大きいものも打てるし、アベレージバッターでもあるし。彼の技術は、僕はすごく好きでした。

――外野手で松井秀喜さんが入っていないのが衝撃です(笑)。さて、これでベストナインが出そろいました。打順はどうなりますか?

八重樫 一応、こんな順番を考えたんだけど、やっぱり難しかったね(笑)。

1.柴田勲(中)
2.末次利光(右)
3.王貞治(一)
4.長嶋茂雄(三)
5.阿部慎之助(捕)
6.篠塚和典(二)
7.高橋由伸(左)
8.坂本勇人(遊)
9.堀内恒夫(投)

――おぉ、やっぱり強そうですね(笑)。今回、悩んだ点はどの辺りですか?

八重樫 ジャイアンツの場合はスター選手が多いでしょう。松井秀喜、原辰徳、中畑清、高田繁さん、このあたりが入れられなくて悩みましたね。難しかったけど、いろいろ過去を振り返るきっかけにもなりましたよ。

――では、これから毎回、球団ごとの「歴代ベストナイン」を伺っていきます。引き続き、よろしくお願いいたします!

八重樫 はい、わかりました。僕も楽しみです!

(第25回につづく)

関連記事