2020.07.16

えっ!と驚く巨人ベストナイン。
八重樫幸雄が悩みに悩んであの選手も落選

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

1978年のヤクルトのユマキャンプで、ガンマン風の格好で撮影した八重樫氏(写真:本人提供)1978年のヤクルトのユマキャンプで、ガンマン風の格好で撮影した八重樫氏(写真:本人提供) ――確かに(笑)。一塁は王貞治さん、三塁は長嶋茂雄さん。「ON」のふたりは満場一致というところですね。

八重樫 そこは不動ですよ。迷ったのはセカンドだけど、パッと浮かんだのは篠塚和典。でも、そうなると原辰徳がどこにも入らなくなる。原は基本はサードだけど、入団時にはセカンドも守っていたから、篠塚にするか、原にするか、すごく悩んだよ。

 でも、篠塚のすごいところは、バッティングはもちろんだけど、守備の際のポジション取りが絶妙だったんです。打者によって、カウントによって、おそらく自分の判断で思い切って守備位置を変える。で、実際にそこに打球が飛ぶ。それは本当にすごかった。ということで、セカンドひと筋で頑張った篠塚を選びたいですね。

――なるほど。では、ショートは誰でしょう?

八重樫 歴代では広岡達朗さんもいるし、僕が対戦した中では河埜和正もいたけど、歴代ナンバーワンショートは坂本勇人じゃないかな。ショートに関しては迷わなかったですね。それぐらい坂本はいい選手ですよ。高校から入ってすぐに活躍して、歴代最年少2000安打達成を狙える選手。「腰が高い」「不安定だ」など、いろいろ批判はあるけど、それでも20代の間ずっとレギュラーとして守り続けたのは立派ですよ。

【意外な顔ぶれが並んだ歴代外野手部門】

――では、外野手部門の3人をお願いします。

八重樫 外野手に関してはV9時代からふたり、最近の選手からひとりを選びました。僕にとって、真っ先に浮かんだのはやっぱり柴田勲さん。とにかく守備位置が広かった。バッターとしてもスイッチヒッターで足が速くて、イヤな一番打者でしたよ。1980年代の松本匡史も足の速い一番打者だったけど、柴田さんのほうが「コスい」というか、隙を見せたら、すぐに走られるイヤな選手でしたね。ということで、まずは柴田さん。