2020.07.10

宮﨑敏郎「やめていたかも」。ギリギリ
進んだプロの世界で球界屈指の打者へ

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Koike Yoshihiro

 どうしてもアピールしたかったのか、そう聞くと宮﨑はこう答えた。

「うーん、やっぱり人生がかかっているので」

 声のトーンと切実な内容が噛み合っていないようにも感じられたが、とにかく宮﨑は節目節目のチャンスをものにして、今の地位を築いてきたのだった。

 宮﨑の打撃スタイルは誰が見ても特殊だと気づくだろう。投手がモーションに入る前からスタンスを極端に狭めて構え、グリップを下げ、バットヘッドを投手側に垂らしては戻す動作を繰り返す。左足を高く上げてボールを呼び込むと、グリップをヒッチさせてトップをつくり、ヘッドを効かせつつ柔らかくスイングする。

 驚くことに、この特異な打撃フォームは「小学生の頃からほとんど変わっていない」と宮﨑は言う。

「体が大きいほうではないので、体全体で打とうとしています。遠くに飛ばす人には負けたくないという思いでずっとやってきました。一番体に力が入る、ボールに力が伝わるような打ち方を自分なりに考えて、それが今のフォームになっていると思います」

 とくに特徴的な下半身の使い方にしても、「ボールを呼び込もう」という意識があるわけではなく、「自分のポイントでしっかりとらえられるように」と考えるうちに行き着いたという。

 また、宮﨑の打撃を見ると、熟練の剣豪の如く、打席で余計な力みを感じない。そんな印象を伝えると、宮﨑は「練習では思い切り振りますけど」と言って、こう続けた。

「試合では思い切り振ることはないので。なるべく力を抜いて、試合に臨むことは意識しています」