2020.07.04

ロッテの強さは本物か? レジェンドOBが
分析も「予感はまったくなかった」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • photo by Kyodo News

―― 優勝した2005年も、薮田安彦さん、藤田宗一さん、そして小林さんの"YFK"と呼ばれたリリーフ陣がフル稼働しました。

「今の野球は、セットアッパーとクローザーに好投手を擁するチームが優勝争いをしていますよね。とくに近年はその傾向がより強くなっています。2005年の時は役割分担がしっかりできていたので、登板前の準備がしやすかった。だから、いいパフォーマンスが発揮しやすい。そういう一人ひとりの役割がはっきりしているチームは強いですよ。

 欲をいえば、この3人に左投手がひとりでも絡んでくるとよりいっそう強力になるでしょうね。パ・リーグは左の好打者が多いですから、彼らに対して勝ちゲームのワンポイントで投げてくれるような......。松永(昂大)あたりがその役割をやってくれると、もっと楽になる」

―― 小林さんから見て、クローザーの益田投手はどのように映っていますか。

「チームの中心であるという自覚が出てきたと感じていますね。オフに残留を決めて、今シーズンにかける思いも強い。オリックス戦ではジャクソンがクローザーを務めた試合がありましたが、個人的には抑えは日本人のほうがいいと思っています。将来的なチーム編成を考えても、益田で固定できたら大きい。立場を任されることで選手は成長しますし、益田にはクローザーを任されるだけの能力があるので期待しています」