2020.06.16

解説者7名がセ・リーグの順位を予想。
変則ルールがDeNAをあと押し!? 

  • 佐々木亨、スポルティーバ●文 text by Sasaki Toru、Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

◎飯田哲也氏

1位 巨人
2位 DeNA
3位 阪神
4位 広島
5位 ヤクルト
6位 中日

 セ・リーグはシーズン終盤まで大混戦になるような気がします。そのなかで巨人を1位にしたのは、投打の軸がしっかりしているからです。絶対的エースの菅野智之がいて、打線も坂本勇人、丸佳浩、岡本和真の中軸は安定している。シーズンを戦ううえで大事なことは連敗をしないこと。とくに今年は連戦が続きますから、チームの調子が落ちてしまうと立て直すのが難しい。そこで菅野というエースがいるのは大きいと思います。

 DeNAも巨人同様、投打が安定していますし、勢いを感じます。昨年も2位に食い込みましたし、勝てるチームになりつつあるのかなという印象を受けます。新外国人のオースティンも活躍しそうな雰囲気がありますし、どんな打線を組むのか楽しみですね。

 阪神は投手力が魅力です。先発、リリーフと頭数が揃っており、ケガ人が出たとしてもそれを補えるだけの層を誇っている。打線に不安はありますが、ジャスティン・ボーア、ジェフリー・マルテ、ジェリー・サンズといった外国人が機能すれば、得点力アップは見込めます。

 4位以下は投手陣にやや不安があるのでこの順位にしました。広島は優勝経験者が多く、地力はあります。ただ、リリーフの質、量を考えたときに、上の3チームよりは劣るかなと。

 ヤクルトはウラディミール・バレンティン(ソフトバンク)が抜けた穴が大きいです。青木宣親、山田哲人、村上宗隆とメンバーは揃っていますし、一発もあるのですが、打線として見たときに相手チームはいやらしさを感じないかと。もっと足を使ったり、いろいろと仕掛けても面白いと思います。

 中日は未知の部分が多く最下位にしましたが、うまくかみ合えば上位もありえます。とくに投手陣は劇的に若返りましたし、力をつけている。シーズンを通してどこまで投げられるかがカギになりそうです。