2020.06.16

解説者7名がセ・リーグの順位を予想。
変則ルールがDeNAをあと押し!? 

  • 佐々木亨、スポルティーバ●文 text by Sasaki Toru、Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

◎斎藤雅樹氏

1位 巨人
2位 DeNA
3位 広島
4位 阪神
5位 中日
6位 ヤクルト

 巨人は山口俊(ブルージェイズ)が抜けたが、今年は菅野智之が安定した力を発揮してくれそうな予感がありますし、若手投手陣も戸郷翔征や高橋優貴を筆頭に成長しています。まだ計算をできるまでではないですが、イニングは稼いでくれそう。それだけでも立派な戦力だと思います。

 攻撃陣は、丸佳浩、坂本勇人、岡本和真が並ぶ打線は強力です。そこにアベレージヒッターであるヘラルド・パーラが加わり、得点力はさらに増すでしょう。百戦錬磨の原辰徳監督が異例のシーズンをどう戦うのかにも注目ですね。

 2位は攻撃力の高さでDeNAにしました。巨人のコーチ時代は打たれた記憶しかありません(笑)。筒香嘉智(レイズ)が抜けたのは痛いですが、外国人選手がいいのでそれほど大きな得点力低下にはならないんじゃないかと。投手陣の駒も揃っていますし、優勝の可能性も大いにあると思います。

 広島は鈴木誠也、菊池涼介、會澤翼を中心にメンバーは揃っており、昨シーズン不本意な結果に終わった田中広輔が本来の活躍をすれば、打線はリーグ屈指の破壊力を誇ると思います。

 投手陣は先発の駒は揃っているので、リリーフ陣をどうするかですね。とくにクローザーは誰が務めるのか。ここが決まってくれば、優勝争いに食い込むはずです。

 阪神は投手陣がいいだけに、もう少し得点力が上がれば、間違いなく上位争いをします。新外国人のジャスティン・ボーア、ジェリー・サンズの出来が大きなカギを握りそうですね。

 中日、ヤクルトは若い選手も出てきて楽しみなチームではありますが、やや決め手に欠けるかなと......。いい意味で期待を裏切ってくれる選手が出てくればAクラス争いもあると思いますが、現状の戦力を見てこの順位にさせていただきました。