2020.06.16

解説者7名がセ・リーグの順位を予想。
変則ルールがDeNAをあと押し!? 

  • 佐々木亨、スポルティーバ●文 text by Sasaki Toru、Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

◎齊藤明雄氏

1位 DeNA
2位 広島
3位 巨人
4位 阪神
5位 中日
6位 ヤクルト

 DeNAは今永昇太をはじめ、若い投手陣が充実しており、左右のバランスもいい。クローザーには経験豊富な山崎康晃が控え、投手力はリーグ屈指の戦力を誇っています。

 攻撃陣は筒香嘉智(レイズ)が抜けましたが、ホセ・ロペス、ネフタリ・ソト、タイラー・オースティンの外国人は破壊力十分。"ポスト筒香"として期待されている佐野恵太の出来がポイントになると思いますが、外国人トリオをはじめ、宮崎敏郎といった実績のある打者が揃っているので、リラックスして打席に入れるのではないでしょうか。

 広島、巨人は総合力が高く、間違いなく優勝争いに絡んでくると思います。ともに打線は中軸がしっかりしているので、得点力に関しては心配ないと思います。ただ投手力、とくにリリーフ陣に不安を残しています。今年は連戦が多く、リリーフ勝負になるのではないかと思っています。そう考えると、リリーフ陣の質、量といったところで、DeNAに分があるのかなと......。

 阪神は外国人選手の活躍次第ですね。1番の近本光司を筆頭に上位は出塁率の高い選手が並ぶだけに、「バースの再来」と期待されているジャスティン・ボーアがどこまで機能するのかに注目です。

 中日は5位にしましたが、投打とも若い選手が台頭しており、台風の目になる可能性は大いにあります。とくに投手陣は柳裕也、小笠原慎之介、山本拓実、梅津晃大といった楽しみな素材がいっぱいいる。勢いに乗れば、上位進出もありえるでしょうね。

 ヤクルトは弱い投手陣を打線の力でカバーしてきたチームなのですが、ウラディミール・バレンティンが抜け、これまでのような戦いをするのは難しくなるでしょう。また、昨年36本塁打を放った村上宗隆へのマークも厳しくなるでしょうし、得点力は落ちるでしょう。どこまで投手陣が耐えられるかだと思いますが、現状の顔ぶれを見ると大きな期待はできない。よって、この順位にさせていただきました。