2020.06.11

巨人パーラの「サメダンス」誕生秘話。
戦力外→世界一球団の中心選手になった

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Hosono Shinji

「グラウンドでは集中して、一生懸命プレーするのは当たり前のことですが、チームというのはクラブハウスの雰囲気もすごく大事なんです。昨シーズンは、あの球場の雰囲気がクラブハウスにも乗り移ったというか......踊っている選手もいたし、とにかくみんな明るかった。野球をするうえでベストな状態というのは、集中しながらも子どものようにプレーすることです。我々はファンからエネルギーをもらい、最高のパフォーマンスを発揮したのです」

 プロの選手が子どものようにプレーするというのは、どういうことなのか。たしかに、アメリカのプロスポーツ界では「子どものようにプレーしなさい」という言葉がよく聞かれる。

 もちろん、プロとして責任感ある立ち居振る舞いは必要だが、子どもの頃のように遠慮することなく、明るい姿勢を持ち続けようという意味なのだろう。ナショナルズの選手たちは、元気な子どもたちを見て、そういう気持ちになったのだという。

 とくに、クラブハウスではみんな子どものようにはしゃいでいたというが、「誰がいちばん子どもっぽかったか?」と聞くと、パーラは驚きの名前を口にした。

「シャーザーです」

 これまでサイヤング賞を3度獲得したメジャーを代表する投手、マックス・シャーザーである。パーラが続ける。