2020.05.27

オリックスのジョーンズが誇る1本の
バント。監督も絶賛した判断と献身性

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Hosono Shinji

 打席に入ったジョーンズは、マリナーズの三塁手が深い守備位置をとっていることに気づいた。そしてカウント1ボールからの2球目、ジョーンズは三塁方向に見事なバントで打球を転がした。

 三塁手は慌ててダッシュし、素手で打球を捕ろうとしたが捕り損ね、三塁走者が生還してオリオールズがサヨナラ勝ちを収めた。

 試合後、オリオールズのバック・ショーウォルター監督(当時)は、ノーサインでバントをしたジョーンズをこう称えた。

「すばらしいです。賢い選手が賢い判断をして勝利した。本当に満足な勝利でした。あの状況でやるべきことは、三塁ランナーをホームに還すことです。ジョーンズがとった作戦はすばらしかった」

 あれから10年──ジョーンズにあの時のサードは誰か覚えているかと聞くと、すぐさま「ロピ」と答えた。「ロピ」とは、現在、横浜DeNAでプレーしているホセ・ロペスである。

 ジョーンズとロペスは、マリナーズのマイナー時代に一緒にプレーした経験があり、今でも親しい関係を続けている。そのロピは、今はサードではなくファーストを守っていることを伝えると、ジョーンズは次のように言った。

「試合ができることを楽しみにしています。『おい、覚えているか』と叫びながら、一塁側にバントしてみよう(笑)」