2020.05.08

三浦大輔が柳田悠岐に直球でリベンジ。
前打席特大弾後の駆け引きがすごい

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Sankei Visual

 場面は同点の二死一、三塁。ヒットはおろか、キャッチャーが後逸すれば勝ち越しを許してしまう。並のピッチャーであれば、前の打席で強烈な一発を打たれた相手に、冷静なピッチングをするのは難しい。だが三浦は、焦る表情を一切見せることなく泰然自若としていた。この堂々としたマウンドでの立ち居振る舞いこそ、長年"ハマのエース"として君臨してきた所以である。

 そしてこの場面で、三浦は初球、2球目とフォークを連投。ワンバウンド処理のうまい高城俊人を信じて投げ切った。柳田は2球とも見送り、カウントは2ボール。ここで三浦は次のような選択をする。

「前の打席の印象からインハイのカットボールが有効だろうという感覚がありました。2ボールになった時点で、あくまでもストライクだけを取りにいくようなピッチングはしちゃいけないって。おそらく相手は外に張っていると思っていたので......」

 三浦はコースぎりぎりにインハイのカットボールを投げ、見逃しのストライク。続く4球目もインハイのカットボール。これは柳田が見極め、カウントは3ボール1ストライクとなった。苦しい状況になったが、三浦の選択肢はあくまで"攻め"だった。

「もう1球、インハイのカット。おそらく、最初のストライクが残像としてあると思ったので、手を出す可能性がある」

 三浦の読みどおり、インハイのカットを柳田が強振しファウル。これでフルカウントとなった。この時、三浦はこう確信したという。

「ここでアウトローが通る」