2020.05.07

大谷翔平はマンガを超える伝説級の存在。
指名打者→クローザーのち衝撃が走った

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 1年秋の「投手・大谷」にひと目惚れした私としては、複雑な心境だった。会うスカウト、会うスカウトが「打者・大谷」を絶賛するからだ。なかには「松井秀喜(当時・レイズ)に匹敵する素材」と熱っぽく語るスカウトもいた。

 3年春の岩手県大会、野手として出場を続ける大谷に直接聞いてみた。「投手と打者、本当にやりたいのはどちらですか?」と。すると、大谷はにっこりと笑って、「ピッチャーです」と答えた。取材後に握手を交わすと、こちらの想像を超える強い握力でぎゅっと握り返してきたのが印象的だった。

 その後、夏にかけて状態を高めた大谷は、岩手大会準決勝・一関学院戦で自己最速となる160キロをマークする。決勝戦の盛岡大付戦で敗れ甲子園出場はならなかったものの、「投手・大谷」は復権したかに見えた。

 ところが、「打者・大谷」の評価は揺らがなかった。ドラフト会議前に『野球小僧』で20人のスカウトを対象に行なったアンケートでは、「大谷翔平は『投手』『打者』どちらの能力を高く評価していますか?」という設問に対し、「打者」と答えたスカウトは過半数を超える12名。「投手」は6名、「どちらも捨てがたい」は2名だった。

 このアンケート結果は大谷本人も読んでおり、ドラフト会議直前には「自分の考えと周りの評価のギャップを感じました。本当に投手でいいのか、打者なのか。悩んでいる面もあります」と心境の揺れを明かした。その後、大谷は高校卒業後のMLB挑戦を表明し、日本ハムの強行1位指名、日本ハム側の熱心な説得によってNPB入り......と目まぐるしく状況が変遷していく。