2020.04.20

井端弘和から見たセ・リーグ注目選手。
阪神は「この2人が打てば優勝」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

――オープン戦では2人がクリーンナップに入ることが多かったですね。

「より調子を上げて固定ができれば、昨年とは打線の印象がまったく変わりますよね。オープン戦で首位打者だった大山悠輔やベテランの福留孝介が6番、7番くらいにいるのは怖いですし、1番・糸井嘉男、2番・近本という並びは攻撃力がある。それらの選手の調子が悪くなっても、髙山俊などカバーできる選手をベンチに置くことができるので、かなり層は厚くなります。

 守りに関しては、2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した梅野隆太郎が一本立ちしてきたのが大きいです。昨年は先発陣の勝ち星が伸びませんでしたが、チーム防御率はトップでしたし、打線が早い回に点を取ってくれるようになれば改善されるでしょう」

――阪神に逆転を許し、リーグ4連覇だけでなくCS進出も逃してしまった4位広島ですが、再び優勝争いをするためにカギを握りそうな選手は?

「やはり"令和初の三冠王"に最も近い鈴木誠也でしょう。日本代表の4番でもありますし、タイトルを総なめしてほしいです。ライバルには、2年連続ホームラン王のソト(DeNA)、岡本(巨人)、新人王を獲得した村上宗隆(ヤクルト)などがいますから、ホームラン数は最低ラインが40本になるでしょうね。

 打点を考えると3番までの打者の働きも重要ですが、西川龍馬は頼もしいバッターに成長していますし、昨年調子を落とした田中広輔が1番に戻ってくれば問題ない。そうなればチームも波に乗っていくはずです」