2020.04.03

今永昇太が山﨑康晃に懇願する
「これだけはやめてほしいこと」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 細野晋司●写真 photo by Hosono Shinji

── 実際に世界一になってみて、国際大会で勝つためには何が必要だと思いましたか。

山﨑 世界一になったのが初めてなので、何が必要だったのかはよくわからないんですけど、でもあのチームはみんながよく話をしましたね。ほかのチームの選手と長い時間を一緒に過ごして、コミュニケーションがいかに大事かということは実感しました。僕は投手陣のみんなと一緒にいたので野手のことはあんまりわからないんですけど、ピッチャーには準備を怠っている人は誰ひとりとしていなかった。各々のタイミングでブルペンに入りながら、できることをやろうという選手ばかりだった。そういう当たり前のことをきちっとできる選手が、緊迫した場面で力を発揮できるんだと思いました。

今永 そうですね。僕も世界一は初めてでしたけど、選手としてできることは準備だけなんだな、そこに徹するしかないんだなということは感じました。ヤスさんはプレッシャー、感じていたんですか。

山﨑 感じていたけど、日の丸を背負う楽しさがそれを越えたって感じかな。ブルペンにいるとドキドキするんだけど、結果が出て報われた時のうれしさ、楽しさは今まで味わったことのないものだったからね。

今永 僕はプレッシャーに強いタイプじゃないんですけど、でもプレッシャーを感じながら自分なりのパフォーマンスを発揮する難しさ、それを乗り越えた時の自分の準備への自信......そういうものは芽生えた気がします。

山﨑 昇太はいつもどおりだったよ。

今永 あのぉ、ヤスさん、鈴木誠也選手(広島)とかと一緒になって、アップの時に『あれっ、もう緊張してるやん』『今日、負けたらホントにヤバいって知ってる?』ってわざわざ言いに来るの、やめてもらっていいですか。