2020.03.30

岡本和真、自身に手応え。昨年との違い、
丸と坂本の存在についても語った

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──巨人では、広島からFAで加入した丸佳浩選手が3番に入りました。4番を打つ岡本選手にとっても心強かったのではないでしょうか。

「丸さんとは、試合や練習以外でも相手ピッチャーについて話し合う機会が多いです。僕は右打者、丸さんは左打者で見解が違うこともありますが、そこが逆に参考になります。バットの出し方、タイミングの取り方なども教えていただけるので、そこでの発見も多いですね。同じ右打ちでは、坂本(勇人)さんにもボールの待ち方などでアドバイスをいただくんですが、経験と実績がある名バッターふたりにいろいろ聞ける環境は本当にありがたいです」

──昨シーズン、巨人は5年ぶりにリーグ優勝を果たしました。岡本選手にとっては初めての優勝でしたが、いかがでしたか?

「リーグ優勝を経験できたことは、今後のプロ野球人生にとって貴重な財産になると思います。もちろんビールかけや優勝旅行も楽しかったですが、1位になる喜びと苦しみを味わえたことで、精神面でさらに成長できるのではないかと思っています」

──そのあとの日本シリーズは、ソフトバンク相手に悔しいストレート負けとなりました。

「リーグ優勝したことを忘れてしまうくらい、本当に悔しかったですね。シーズン中は交流戦でしか試合をする機会がなく、そこでは登板しないピッチャーなどもいたので打ち崩すのが難しかったですが、条件は相手も一緒なので"力負け"ということでしょう。そのソフトバンクだけでなく、すばらしいピッチャーは全球団にいるので、特別な意識はしないようにしています」