2020.03.19

ホークス髙橋純平「野球を苦しいと感じていた」。その重圧をなくしたコーチの助言

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 松田崇範●写真 photo by Matsuda Takanori

二宮 昨シーズンは直球が良かったですよね。例年に比べてスピードも出ていたと思うのですが、何か理由があるのでしょうか。

髙橋 中継ぎに専念したというのが大きな要因だと思います。中継ぎは1イニングだけ、1打者だけで出番が終わったりもするので、目の前のアウト1つに集中することが出来ました。

 一球、一球全力で投げられたことが良かったです。それまでは先発を見据えて勝手に逆算してしまっていました。例えば、5イニングは最低でも投げたいというように思っていたり。1イニング、その一人の打者に対して全力でどう抑えるかという中で、ストレートの球威が戻ってきたように思います。

二宮 中継ぎを経験するなかで学んだことはありますか。
 
髙橋 中継ぎの大変さを身をもって感じました。連投があるというのはもちろん、肩を作ったのに投げない日もあったりしますからね。体の負担はどうしてもあります。今年も中継ぎ陣がキツくなってくるタイミングがあると思うので、自分が長いイニングを抑えることで周りの投手に負担が掛からないよう貢献していきたいです。

二宮 先発での活躍を期待する声も耳にするのですが、先発で投げたいという気持ちはありますか。

髙橋 今は先発に強いこだわりがあるわけではないですね。少しでも長いイニングを投げることを目標にしています。

 1イニングを抑える。もう1イニング任せていただけたらそのイニングも全力で投げて抑える。気づいたら3、4、5イニング投げられているというのが理想ですね。その延長線上に先発投手があるのではないかと感じています。

《あらすじ》 少年野球チームのない街に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐ彼のもとに少年野球日本代表の野田ユキオが現れて二人は予期せぬ対決へ…!? 甲子園を超える甲子園のための死闘、中学(シニア)野球で少年たちの情熱が乱れはじける――‼

『BUNGO-ブンゴ-』の試し読みが無料公開中!

関連記事