2020.03.06

スワローズ浮沈のキープレーヤー。
大卒出身の実力派投手が着々と成長中

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

「ボールは自然に動きます。それをしっかりと低めに集めてバットの芯を外すところが持ち味で、チームを勝たせられる投手になることが目標です。自分がよくてもチームが負けたら意味がないですし、任せられた場所でしっかりと抑え、状況によっては三振を奪いにいってチームに流れを引き寄せるピッチングを心がけたいです。気持ちは強いほうだと思っているので、その部分も前面に出していきたいです」

 また、彼らのほかにも新人合同自主トレが行なわれていた1月の戸田球場では、星知弥(2016年ドラフト2位)と清水昇(2018年ドラフト1位)の練習する姿が印象に残った。ともに即戦力として期待されるも、いまだ結果を残せずにいる。

「星さんは同じ大卒ですし、去年、僕らは本当に悔しい思いをしました。シーズン終了後に『お互いどうにかしないとね』と一緒に自主トレをすることになったんです」(清水)

「僕にしても清水にしても、先発ローテーションに入らないといけない立場だと思っています。そこに強い自覚を持ってやっていこうと。一緒に練習するなかで競争意識も芽生えましたし、逆にそれぞれの体の使い方などを話し合うこともできた。いい時間が過ごせました」(星)