2020.03.03

「オリックス、大丈夫?」上野由岐子の
元相棒が球界初の女性スカウトへ

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Sportiva

── 現役時代は上野由岐子投手とバッテリーを組んでいました。ソフトボール界のレジェンドから学んだことは?

「いま振り返っても、上野さんという存在があったから自分はやっていけたと思うし、オリンピックにも出られたと思います。上野さんのボールは本当にすごくて、最初は捕ることができませんでした。だけど、上野さんは私に合わせることなく、自分自身が投げるボールは変えませんでした。自分というものを絶対に曲げなかった。そして、天才的なレベルの身体能力や技術だけでなく、ひらめきや向上心もどの選手よりも高かった。

 プロ野球を現実的に目指す選手って周りよりも球が速いとか、遠くに飛ばすとか、そういったところが長けていると思います。でも、それに満足するような選手は、私は見たくないですね。技術プラス気持ちです。上野さんを見てきたからこそ、その大切さをひしひしと感じています」

── 女性スカウトの誕生はプロ野球界にとっても大きな挑戦ですが、ソフトボール界にとっても大変意義があるのではないでしょうか? 新しい道筋を示すパイオニアになると思います。

「そうですね。ソフトボールから来てやっぱりダメだったと思われてしまうと、ソフトボール界全体のイメージが悪くなってしまうかもしれません。ただ、迷惑をかけたくないと思う反面、私は現役時代から『使った監督が責任を取ってくれるでしょ』という気持ちで試合に臨むタイプだったので、成功するかしないかを考えるのではなく、自分のできることを100%やったうえで、あとの判断は周りに託したいなと思っています。だから臆することなくチャレンジをしたいです」