2020.03.02

FA宣言第1号の松永浩美が語る
「球界の寝業師」根本陸夫との点と線

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Kyodo News

「トレード話はいくつかあったけど、本当に出されるとは思っていなかった。だから通告された瞬間は自分でも驚いたし、疑問に感じましたよ。ただ、その時の僕には、FA制度ができる前にトレードされたという思いもあった。実際、それ以前、もしもFAが成立したら松永はどうするんだろう、というような動きが各球団にあったんです」

 九州出身の松永としては、最終的には地元に帰って野球をやりたい、という気持ちがあった。ホークスが大阪から福岡に移転した時、その思いが芽生えた。まして、ダイエー球団がかねてから<地元出身のスターにラブコールを送っていた>と報道されたこともある。じつは、根本の言葉は冗談でも何でもなかったのではないか。

つづく

(=敬称略)

関連記事